2007年09月09日

焼酎 村尾

今日は村尾酒造の「村尾」と「薩摩茶屋」をご紹介します。

村尾酒造は鹿児島県川内市にある小さな蔵で、現在は3代目の村尾寿彦さんが切り盛りしています。

焼酎「村尾」は森伊蔵や魔王と同様に、なかなか手に入らないプレミアム焼酎の1つとして上げられる芋焼酎です。

コガネセンガンとシロユタカを黒麹で仕込み、独自の蒸留法でじっくりと仕上げられた逸品で、口に含むと芋の香りと旨味が広がり、甘味と酸味のバランスが絶妙で、飽きない味と香りがファンを魅了して離しません。

村尾は、殆どの製造工程を一人でやっており、根っからの職人と呼ぶにふさわしい村尾寿彦さんが精魂込めて造っています。
特に焼酎の味を決める大事な要素が「蒸留」であることを気づかせてくれた職人の一人です。

同じ村尾酒造の「薩摩茶屋」も人気の焼酎です。
麹米以外の造りは村尾とほとんど同じで、村尾寿彦さんが一人で造り上げています。
薩摩茶屋はタイ米を使用していので、華やか過ぎず抑制された柔らかい味わいで、村尾とはひと味違った焼酎に仕上がっています。
そして合わせる料理を選ばないのも特徴の一つで、生で飲むよりもお湯割りや燗で真価を発揮する焼酎です。

村尾薩摩茶屋どちらも純良であり、芳醇である点では、いずれ劣らぬすばらしい焼酎です。

昨今の焼酎ブームも相まって、なかなか見かけることができないのが残念ですが、見かけたら是非飲んでみてください。

posted by 酔いどれGさん at 04:45 | TrackBack(0) | 人気ブランド焼酎
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5337997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック