2007年09月18日

焼酎の飲み方

焼酎ブームはすっかり定着したようです。
今回はそんな焼酎の飲み方についてお話しします。

焼酎はいろいろな飲み方が出来、そのまま生(き)で飲んだり、薄めたり、冷やしても温めてもOKです。
各銘柄の特徴にあわせたり、その日の体調や気分によっても飲み方を変えたり、自分の好みでや、味わい方で飲み方を選べるのが焼酎です。
一本でいろいろな飲み方が楽しめますが、大勢で集まって飲むときなどは、人それぞれの好みに応じて飲むことが出来るので、宴会などにも焼酎はうってつけのお酒でしょう。

お湯割りで焼酎の香りを楽しみ、ロックで口当たりやコクを味わうなど、1本の焼酎で味わい方を変えて飲むのも楽しみ方の一つです。
色々試して自分に合った、又は、その焼酎の魅力を最大限に引き出せる飲み方を見つけるてみてはいかがでしょう。

飲み方は自由が基本ですが、初めて飲む銘柄はまず生(き)で飲んでみて、その焼酎本来の特徴を感じてください。
色味や油分の浮きなどの見た目や、その焼酎の香りを確かめ、口に含んで舌全体に転がし、最後に飲み込んでのどごしを確かめる。
そうすることで、五感で焼酎を感じることができ、その焼酎の数え切れないほどの魅力を感じることができます。

最近は、若者を中心にいろいろな飲み方がされているようですね。
水や炭酸、ミルク、ウーロン茶で割ったり、スライスしたキュウリを水割り焼酎に入れて氷を浮かべて飲む「カッパ焼酎」など若い人たちはいろいろ考えています。
南九州では焼酎を水で割って直接火で温めたり、お湯で割ったりといった昔ながらの方法が親しまれており、焼酎6:お湯4が一般的だそうです。

さらに、飲むときの器にもこだわってみましょう。
生(き)で飲むときにはウィスキー用のショットグラス、ロックなら氷の当たる音色が美しく響くグラスといった風に、飲み方によってグラスを変えてみると、焼酎をさらにおいしく、楽しく飲むことができます。

posted by 酔いどれGさん at 05:30 | TrackBack(0) | 焼酎について
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5433079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック