2007年09月20日

韓国焼酎

焼酎ブームが続いていますが、最近は韓国焼酎も注目を浴び始めているようです。

韓国では焼酎をソヂュと呼びます。

韓流ブームの影響で、店頭で見かけたり、CMでも見ることが多くなってきました。

韓国焼酎で有名なのは眞露(チャミスル)ではないでしょうか。
眞露(チャミスル)には2種類あり、360mlの緑色の瓶に竹が描かれたラベルが通常の眞露(チャミスル)でアルコール分は22%です。
そして、水色の瓶に入っているのが「真露 JINRO GOLD」で、アルコール分は26%とちょっと高めになっています。

さらに眞露(チャミスル)の高級版、チャムナムトン・マルグソジュは、「クヌギの樽で作った清らかな焼酎」が特徴です。

眞露(チャミスル)だけでなく、鏡月・サン・GREENといったいろんな種類の韓国焼酎があり、酒屋さんの店頭で普通に購入できるので、飲み比べてみると面白そうです。

日本で手に入る韓国焼酎は、日本の焼酎に似せたアレンジがされている製品も多いようです。

韓国焼酎は日本の焼酎にくらべるとかなり甘く、割らずにストレートで飲むのが一般的で、韓国ではソヂュがお酒の代名詞となっているくらい人気があります。

韓国の江原道(カンウォンド)はソヂュで有名で、江原道を舞台にした『秋の童話』にはよくでてくる江陵(カンヌン)という場所が特に有名です。
あちこちにソヂュの看板や垂れ幕を見ることができるので、韓国に行く機会があったら是非立ち寄ってみてください。

posted by 酔いどれGさん at 05:55 | TrackBack(0) | 変わりだね焼酎
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5481238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック